半額以上も珍しくない!運賃の違い

20年以上前は海外旅行と言うと、一部のセレブが行くものと考えている方も少なくありませんでした。現在と比べて圧倒的に運賃が高かったのです。2000年前後から規制緩和の影響を受けて、格安航空会社が参入してきた事により運賃が格段に安くなりました。例えば、これまで往復50万円くらいしていたところが、半額以上安くなっているケースもあります。なお、就航便数が少ないエリアの便に関しては、格安航空会社が参入していないケースもあるので、全ての路線で格段に安くなっている訳では無いと言う事に注意をしましょう。

 

特に安い海外旅行先はどこ?

海外旅行の行き先で、特に安いエリアを紹介します。まず、特に安いエリアの筆頭と言えるのが東アジアです。韓国、台湾は距離的にも近い上、韓国や台湾側からも多くの観光客が訪れる為、定期便が多く就航しています。深夜便なども充実しているので、金曜の夜に出て、週末楽しんで日曜の夜に帰ってくるという楽しみ方も可能です。また、国内旅行に出かけるよりも安く行く事が出来るケースも少なくありません。特別なセールでは無くても、片道で1万円を切ることもある程です。とにかく、安く海外旅行を楽しむなら東アジアが狙い目です。 東アジアと合わせて、知っておきたい安い海外旅行先はハワイやグアム、バリ島などのリゾート地です。常夏のエリアなので、年間を通して人気を集めており、就航便数が多い分、安く渡航が行えます。家族旅行村から友人との旅行、ハネムーンまで様々な楽しみ方ができるのも魅力のエリアです。